« プレイングマネージャーの教科書 | トップページ | オオクワガタ産卵セット割り出し »

2010年7月 1日 (木)

決めるマネジメント

「決める」マネジメント――人を活かす職場をつくる「決める」マネジメント――人を活かす職場をつくる

著者:リクルートHCソリューションユニット
販売元:英治出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 人と組織を強くする「方針」づくりと実践法が具体的に書かれています。

「管理職」とは何だろうか。いったい何を「管理」するのか。「上司」とは何だろうか。それは「上」で何を「司る」のか。「マネジャー」とは、「マネジメント」とは、何だろうか。
 今一度、本来の役割を再認識できる本です。

目次:
第1章 「決められない」マネジメント
1.マネジャーが機能不全に陥っている
2.決められないマネジメントが、メンバーの意欲を阻害する
3.「マネジャーの問題」ではなく「マネジメント機能の問題」
4.機能不全の背景にあるもの

第2章 もはや通用しない「上司論」
1.「やってみせ、言って聞かせて・・・」――昔ながらの日本型上司
2.「やってみなはれ」の勘違い――丸投げする上司
3.「上司の背中を見て、部下は育つ」――以心伝心に期待する上司
4.「上司は人格者たれ」――役割の前に人格が気になる上司
5.「とにかく部下の話を聞こう」――嫌われたくないからコーチング上司
6.環境変化に対応した、新たなマネジャー像が求められる

第3章 マネジャーの役割を「決める」
1.扱うのは「ヒト」と「コト」の現在・未来
2.「現在」に集中するとマネジメントは歪む
3.「未来に向けた方針」に注力せよ
4.マネジャーの四つの役割
5.「方針」が組織を明るくする

第4章 実践「決める」マネジメント
1.方針を立てる
・方針の立て方
2.方針を組織に浸透させ、実行し、振り返る
・実践の促し方
3.心構えを変える
・考え方
4.実践!「決める」マネジメント

|

« プレイングマネージャーの教科書 | トップページ | オオクワガタ産卵セット割り出し »

2.読書」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。この本を書いた太田です。この度は私が書いた本をこのように取り上げていただいて、ありがとうございます。

たくさんの現場を見てきた私たちのコンサルタントの見解をまとめてみました。5年分くらいの経験がまとまっている感じです。

様々な企業でも講演に呼んでいただいたりと好評で、嬉しく思っております。

日々のマネジメントのお役に立てられればば幸いです。

投稿: 太田芳徳 | 2010年8月17日 (火) 18時40分

はじめまして。筆者の太田です。数ある中で私の書いた本を手に取っていただきありがとうございます。
昨今の難しい状況の中でのマネジメントのあり方をまとめたかったの書きました。
少しでも日々の業務、マネジメントに活かしていただければ幸いです。
太田

投稿: 太田芳徳 | 2010年10月10日 (日) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1104016/35596037

この記事へのトラックバック一覧です: 決めるマネジメント:

« プレイングマネージャーの教科書 | トップページ | オオクワガタ産卵セット割り出し »