« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年7月

2010年7月29日 (木)

オオクワ産卵セット割り出し2

少しずつ割り出しを行っていましたが、昨日すべて終わりました。産卵木2本セットしていましたが、幼虫が20数匹採れたと思います。一部は菌床ビンで、ほかはマット飼育してみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

ハカる考動学

ハカる考動学ハカる考動学

著者:三谷 宏治
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する



ハカる考動学 ハカる考動学


販売元:楽天ブックス

楽天市場で詳細を確認する


今はいろんな情報が溢れている時代です。その情報の中からいかに分析して、その真実を見抜くかが求められていると思います。本書ではいろんな事例が本当にたくさん紹介されています。いかに分析するかが事例とともに楽しく身につけることができる一冊だと思います。

目次
序章 今、なぜ「ハカる」力が必要か?
1)革新を生むには「ハカる力」が必要だ
2)ケーススタディで見る、革新を支えた「ハカる力」
コラム: エサの化石をハカって調べたティラノサウルスの真実

1章 「ハカる」の基本を学ぶ
1)「ハカる」を定義する
2)二つの「ハカる」──トップダウン型とボトムアップ型
3)「ハカる」の基本動作──グラフ・図表にする

2章 演習で学ぶ! 「ハカる」の基本プロセス
1)FF対ドラクエで学ぶ「ボトムアップ型ハカる」
2)渋滞問題で学ぶ「トップダウン型ハカる」
3)三つの挑戦領域で「ハカる」
コラム:ファストファッションがもたらす変革

3章 第1の挑戦領域 ヒトをハカる
1)なぜ、ヒトを「ハカる」のか?
2)顧客生活をハカってアイデア・ネタ探しをする
3)顧客評価をハカって商品コンセプトを作る
4)顧客行動をハカって市場規模・売上を推定する
5)顧客満足度調査から商品・サービスのレベルをハカる
6)「ヒトをハカる」力を高めるために
コラム:ヒトの能力や資質をハカる

4章 第2の挑戦領域 作ってハカる
1)実際に作るからこそハカれること
2)完成品でハカる
3)試作品でハカる
4)「作ってハカる」力を高めるために
コラム:アポロ13号~地上32万kmの危機

5章 第3の挑戦領域 ハカり方を創る
1)新しいハカり方への挑戦
2)テクノロジーでハカる
3)ヒトでハカる
4)「新しいハカり方を創る」力を高めるために
コラム:50音のヒミツを探り出せ!

補章 「ハカる」の根源
1)「ハカる」力の根源とは?
2)数字や行動に落とす
3)ダイジなモノを選ぶ
4)因果関係のメカニズムを見抜く
5)ハカる姿勢を作る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EXIT 売却

EXIT 売却EXIT 売却

著者:奈部 真,勝間 和代
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する



EXIT売却 EXIT売却


販売元:楽天ブックス

楽天市場で詳細を確認する


 勝間さん初のビジネス小説です。

問題解決の楽しさ、能力開発の喜び、それを実現できる会社組織の魅力、プライベートエクイティ、コンサルティング会社、証券会社の魅力

が感じられる内容となっています。わたしとはまるで違う業界なので、大変興味深く読ませて頂きました。興味のある方はどうぞ。

目次
プロローグ
第1章 着任
第2章 快進撃
第3章 転落
第4章 買い手探し
第5章 売却
エピローグ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

オオクワガタ産卵セット割り出し

 産卵セットを組んで♀を投入してから1箇月。♀を取り出してから3週間経ちましたので、割り出しを行ってみましたが、幼虫がものすごくちっさいsweat02この時期は微妙みたいなので、割り出し中止しました。もう少し大きくなって貰ってから取り出すことにします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

決めるマネジメント

「決める」マネジメント――人を活かす職場をつくる「決める」マネジメント――人を活かす職場をつくる

著者:リクルートHCソリューションユニット
販売元:英治出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 人と組織を強くする「方針」づくりと実践法が具体的に書かれています。

「管理職」とは何だろうか。いったい何を「管理」するのか。「上司」とは何だろうか。それは「上」で何を「司る」のか。「マネジャー」とは、「マネジメント」とは、何だろうか。
 今一度、本来の役割を再認識できる本です。

目次:
第1章 「決められない」マネジメント
1.マネジャーが機能不全に陥っている
2.決められないマネジメントが、メンバーの意欲を阻害する
3.「マネジャーの問題」ではなく「マネジメント機能の問題」
4.機能不全の背景にあるもの

第2章 もはや通用しない「上司論」
1.「やってみせ、言って聞かせて・・・」――昔ながらの日本型上司
2.「やってみなはれ」の勘違い――丸投げする上司
3.「上司の背中を見て、部下は育つ」――以心伝心に期待する上司
4.「上司は人格者たれ」――役割の前に人格が気になる上司
5.「とにかく部下の話を聞こう」――嫌われたくないからコーチング上司
6.環境変化に対応した、新たなマネジャー像が求められる

第3章 マネジャーの役割を「決める」
1.扱うのは「ヒト」と「コト」の現在・未来
2.「現在」に集中するとマネジメントは歪む
3.「未来に向けた方針」に注力せよ
4.マネジャーの四つの役割
5.「方針」が組織を明るくする

第4章 実践「決める」マネジメント
1.方針を立てる
・方針の立て方
2.方針を組織に浸透させ、実行し、振り返る
・実践の促し方
3.心構えを変える
・考え方
4.実践!「決める」マネジメント

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »