« 課長になったのか。 | トップページ | 決めるマネジメント »

2010年6月22日 (火)

プレイングマネージャーの教科書

プレイングマネジャーの教科書―結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策プレイングマネジャーの教科書―結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策

著者:田島 弓子
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


本書には
中間管理職の仕事=コミュニケーションと言っても過言ではありません。
と書いてあり、58の具体的なノウハウが紹介されています。著者は元マイクロソフトの営業部長である田島弓子さんです。なんだか説得力がありますね。コミュニケーションはビジネスにとって必須の能力ですので、興味はある方は本書を御覧下さい。

目次:
Part1
気が弱い人ほど「課長業(プレイングマネジャー)」はうまくいく!
・やりたくない・自信がない・やる気がない。3ない上司ほど、マネジャーの素質あり
・持つべきは、引っ張るリーダーシップよりも、回すマネジャーシップ
・プレイングマネジャー経験は、自己成長のステージ2
・コミュニケーションは、結果を出すためのビジネススキルである
・コミュニケーションは、たった5秒あれば改善できる
・コミュニケーションは、仕組み化できる
・最強のコミュニケーション・ツール1話しかけられ上手→引き出し上手
・最強のコミュニケーション・ツール2観察力
・最強のコミュニケーション・ツール3ハブ力
・最強のコミュニケーション・ツール4根回し+場回し

PART 2
5秒でできるコミュニケーション!
「初期投資ゼロ」の即効フレーズ
・「おはよう!」―あいさつは、部下からではなく上司から
・「今はダメだけど、15時からなら5分とれるよ」
―手が離せないときでも、「話を聞く用意はある」と伝える
・「良い話? 悪い話?」――悪い話を即座にキャッチできる、さりげないフレーズ
・「お客さまのことを一番知っているのは、あなただからね」
―部下に「自分が主役」だという自覚を持たせる
・目をキラキラさせながら「うん、面白いね、それで?」
―あいづちで「引き出し力」をつける
・「どうしたの? あなたらしくもない」
―人格を傷つけずに部下を叱る方法他

PART 3
19
緊急事態だから、何かあったらいつでも声をかけて」
――一粒で二度おいしい、失敗対処のキラーフレーズ
20
ため息をついて「まいったな……(困)」
――弱った姿をさらけ出して、部下の自尊心をくすぐる
21
「ごめん、ちょっと5分だけ集合~」
――情報の「垂れ流し」で、部下との信頼関係も深まる

PART3
コミュニケーションを仕組み化する
・コミュニケーションのための手帳術1
―コミュニケーションTO DOリストを作る
・コミュニケーションのための手帳術2
―「部下のための30分」もスケジューリングする
・コミュニケーションのための手帳術3
―部下のデッドラインも手帳に書く他

PART 4
クセモノ&苦手な人対策「問題解決コミュニケーション」
・伝書バト部下を育てるのは、「解きほぐし」コミュニケーション
・プライドの剣には、ロジックの盾で返す
・年上の部下とうまくやる「マイルドな理詰め」
・他部署には「落としどころ持参」でアプローチ
・「人の部下」に、直接コンタクトしてはいけない
・やりにくい相手には「不甲斐ないほど」下手に出る他

PART 5
プレイングマネジャーのためのトラブル時のFAQ
・クレームが熱いうちに部下を叱る
・日常のゆるみをトラブルに育てない方法
・時にはあえてキレてみせる
・クレームは、相手の良心に訴えるもの
・負けないための「冷静コミュニケーション」他

コラム

|

« 課長になったのか。 | トップページ | 決めるマネジメント »

2.読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1104016/35404904

この記事へのトラックバック一覧です: プレイングマネージャーの教科書:

« 課長になったのか。 | トップページ | 決めるマネジメント »