« もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら | トップページ | 思考の整理学 »

2010年1月15日 (金)

やればできる

やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力

著者:勝間 和代
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 勝間さんの本です.勝間さんの本はほとんど読んでいますが,好きだったのは「起きていることはすべて正しい」でしたが,今回の「やればできる」は非常にまとまりが良く,読みやすく,理解しやすいです.お気に入りの一冊です.
 「みんなで勝たないと勝てない時代」の現在,みんなと助け合うフレームワークとして4つが紹介されています.
1.しなかや力
2.したたか力
3.へんか力
4.とんがり力
これだけ読んでもなんのことだかわからないと思いますが,詳細は本書をご覧下さい.1から順番に実行していくことでやればできるようになる解りやすい自己啓発書だと思います.
 さて,即実行ですが,今回も巻末に勝間式魔法の7つ道具が紹介されています.我が家はホームベーカリーがずっと欲しかったので,購入を検討してみようなと思います(^◇^;)

目次:
プロローグ「やればできる」、本当の自己啓発は助けあいにあった!
第1章 「しなやか力」まわりに貢献できるような自分の“長所の種”を見つける
第2章 「したたか力」自分の長所を伸ばすことにひたすら集中する
第3章 「へんか力」絶え間なく変わり続ける
第4章 「とんがり力」自分が力の中心になる世界に行く
エピローグ 『やればできる』を書いた理由

|

« もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら | トップページ | 思考の整理学 »

2.読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1104016/32991941

この記事へのトラックバック一覧です: やればできる:

« もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら | トップページ | 思考の整理学 »