« 明日 | トップページ | 備えあれば »

2009年9月 7日 (月)

もったいない主義

もったいない主義―不景気だからアイデアが湧いてくる! (幻冬舎新書)もったいない主義―不景気だからアイデアが湧いてくる! (幻冬舎新書)

著者:小山 薫堂
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 もったいない。もったいないに気づくといろいろなアイデアが浮ぶことをいろいろな事例で紹介されています。面白かったのは、アイデアの作り方でへたな広告を打つより、みんなが見に来るような仕掛けを作るなど、なるほどと思ったところが多かったです。なんだかほのぼのとした気分で読めますので、普段読んでいるビジネス書とは異質な感じがまたとてもよかったです。

目次:
プロローグ 「受付しかしない受付嬢」はもったいない
第1章 企画って何だろう?
第2章 ネガティブ・スイッチを切り替える
第3章 小山薫堂式アイデアのつくり方
第4章 幸せの閾値を下げる
エピローグ 地下鉄日比谷線で出会った二人の話

|

« 明日 | トップページ | 備えあれば »

2.読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1104016/31268399

この記事へのトラックバック一覧です: もったいない主義:

« 明日 | トップページ | 備えあれば »