« 梅 | トップページ | 6時に帰るチーム術 »

2009年2月17日 (火)

マット比較「やまざと昆虫マット」対「ハイパービートルマット」

土曜日にあまりにポカポカ陽気のため、かなり劣化の進んだマットを交換しました。気温が高かったため幼虫君ももそもそと動きまわっていました。
今回は廉価版のやまざと昆虫マットとハイパービートルマットを比較してみることにしました。
いつものように飼育ケースを二区画にわけ、それぞれのマットを入れました。
Img_9183600

その上に幼虫君たちを各区画二匹ずつ置いてみました。後は勝手に潜っていきました。

Img_9187600

観察1日目:
飼育ケースの外から覗くとやまざと昆虫マットのほうに3匹います。残りの1匹は確認できませんでした。

観察2日目:
昨日と同じ。やまざと昆虫マットのほうに3匹確認。残りの1匹は確認できず。どうしたハイパービートルマットsweat01私の買ったロットが大外れだったのか、店の倉庫でずいぶんと眠っていたのか分かりませんが、我が家の幼虫君たちには、全く人気がありません。3齢になるとこうなのでしょうか。夏になったら産卵から2齢ぐらいまでを試してもよいのですが、このマットにこだわることもないかな。それにしても両者の値段の差が大きいのですけどdespair

2009年3月10日 追記
その後:
幼虫君たちはマットの境界線付近のやまざと昆虫マット側にいて、気分に合わせてハイパービートルマットを食べているようです。この2つのマットを混合、または2層にわけて使ってやると効果的のようです。


フジコン 昆虫マットやまざとMAX 10L


国産・外国産カブト虫の成虫・幼虫飼育用ハイパービートルマット[マルカン]

2009年4月11日 追記
その後:
マット交換のため、実験終了です。幼虫の糞は圧倒的にやまざと昆虫マットにほうにありました。ハイパービートルマットは綺麗なものです。それとコバエの大量発生でした。原因は不明。

体重:
投入前 終了時
37g → 40g
34g → 36g
34g → 35g
25g → 28g

|

« 梅 | トップページ | 6時に帰るチーム術 »

8.昆虫飼育マット比較」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1104016/28149689

この記事へのトラックバック一覧です: マット比較「やまざと昆虫マット」対「ハイパービートルマット」:

« 梅 | トップページ | 6時に帰るチーム術 »