« 中身はこれ | トップページ | 水槽のセッティング »

2008年12月24日 (水)

できそこないの男たち

できそこないの男たち (光文社新書)
「生命の基本仕様、それは女である」と本書の帯にどか~んと書かれています。ちょっと面白そうではないですか。

本来、すべての生物はまずメスとして発生する。メスは太くて強い縦糸であり、オスは、そのメスの系譜を時々橋渡しし、細い横糸の役割を果たす“使い走り”に過ぎない

とこのメカニズムを発見した分子生物学の研究者たちの物語が書かれています。内容が内容だけに難しい専門的な話になるところを著者は非常に分かりやすい例えをいろいろと使い非常に読みやすいものになっています。

そう言えば、私は大学時代に分子生物学を少しかじっていました。だから専門的な内容の部分も流し読みである程度は理解はできるのですが、どうも頭にすとんと落ちてこないというか、私の脳みそももうだいぶ退化したのかと感じました。とてもわかりやすく、読みやすい文章なのですけどね。

印象に残った部分は

メスの遺伝子を別のメスへ、正確にいえば、ママの遺伝子を別の娘のところへ運ぶ役割を果たす「運び屋」として、オスが作り出された。

メスの身体を作り変えることによってオスが産み出された。オスの身体の仕組みには急造ゆえの不整合や不具合が残り、メスの身体に比べその安定性がやや低い・・・

(オスは)寿命が短く、様々な病気にかかりやすく、精神的・身体的ストレスにも脆弱なものとなった。

つまり生物学的には、男は女のできそこないだといってよい。

う~ん、どうですか。私は男ですが、自分の身体の弱さは男だからなのかなんて思ったりsweat01最近はいろいろと体調不良が多くて薬漬けの状態です。それでも「運び屋」としての男の役割は果たしたような・・・二人の子供たちは元気にすくすくと育ってくれています。happy01

 

|

« 中身はこれ | トップページ | 水槽のセッティング »

2.読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1104016/26443765

この記事へのトラックバック一覧です: できそこないの男たち:

« 中身はこれ | トップページ | 水槽のセッティング »